保育コンシェルジュとは?4月入園の選考に落ちたらどうすれば良い?
みなさん保育コンシェルジュを利用したことはありますか?
今では多くの自治体で導入が進んでいる保育コンシェルジュ。
私が住んでいる神奈川県藤沢市も導入しています。
現在、我が家の状況だと4月の入園も難しいかもしれないという状況で、
どのような手段があるか相談してみました。
今回は保育コンシェルジュについて、また、もし4月入園1次選考に落ちてしまった場合の保育の手段についてお話します。

保育コンシェルジュとは?

保育コンシェルジュとは、保育所や幼稚園などの情報提供、相談・助言を行う専門の相談員です。
就学前までのお子さんの保護者を対象に、個々のニーズに応じて情報を提供してくれます。

保活するにも何を聞いたら良いかわからない・・・
そんな方もまず利用してみることをおすすめします!
藤沢市は予約制です。枠が空いていれば当日予約もできます。
利用を考えている場合は、そのようなサービスをしているのか、要予約なのかお住まいの市町村に確認してみてください。

1次選考に落ちたらどうすれば良い?

我が家の状況を考えると、4月入園に一発合格は難しいのではないかと思ったので
保育コンシェルジュの方に相談したところ、下記の3つの方法を提案してもらいました。

入園可能園を追加申請して二次選考を受ける

1次選考で落ちた場合、結果と一緒に1次の結果が反映された園のリストが届きます。
そのリストから、まだ枠に空きがあり自分が通園可能な園を追加で申請して2次選考に挑みます。

「非定型的一時預かり」を利用する

一時預かりには下記の3種類があります。そのうちの非定型的一時預かりを利用する方法です。
1歳から利用でき、3月1日から4月以降の予約を先着で受け付けるとのことでした。
非定型的一時預かりの予約は1年間の曜日固定となります。(例:月水金)
料金は3種類とも全年齢共通です。
  • 4時間以内=1,200円(うち給食食材料費 220円)
  • 4時間を超える場合=2,400円 (うち給食食材料費 220円)

(1)非定型的一時預かり

保護者の就労・就学・職業訓練等の理由により、家庭において一時的に保育を受けることが困難となる児童について、一時的に預かり、必要な保育を行います。保護者の就労・就学・職業訓練等について、曜日と時間が固定の場合にご利用できます。あわせて就労や在学を証明する書類が必要となります。利用は週3日を限度とします。

(2)緊急的一時預かり

通院、冠婚葬祭など社会的にやむを得ない場合に、家庭において保育を受けることが緊急的かつ一時的に困難となった児童について、一時的に預かり、必要な保育を行います。一申請で10日を限度とし、保護者の出産・入院の場合は一申請で14日を限度とします。

(3)私的理由による一時預かり

保護者の育児等に伴う精神的または肉体的な負担を解消する等の私的な理由により、家庭において保育を受けることが一時的に困難となった児童について、一時的に預かり、必要な保育を行います。月4日を限度とします。

藤沢市年度限定保育事業を利用する

最後に、年度限定保育を利用する方法。こちらは新しく始まった保育事業です。
藤沢市では、待機児童解消のため認可保育所等の整備を進めていますが、保育所等の利用申請数が年々増加しており、特に1・2歳児の受入れ枠が不足している状況です。そのため、保育所等の利用が保留となった1・2歳児を対象に、認可保育所等の余裕スペースを活用し、期間を限定して保育を行う事業を令和2年度4月から開始しました。
こちらは第二子料金は適用されません。
1年間だけの利用となりますが、次年度認可申請時に5点加算されます。
将来的に認可園入園を考えるのならこちらを利用するのがベターとのことでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
もし4月に入園できなかったらどうしたらいいんだ・・・と悩んでいたので、
具体的な策をたててくれて気持ちを持ち直すことができました。
個人的には、保育コンシェルジュを利用してすごく良かったです!
もしお住まいの市町村で導入されていたら利用してみるのも良いかもしれません 。
おすすめの記事